アラフォー女性の婚活事情

昨今の婚活ブームのおかげで、結婚相談所・お見合いパーティー・街コン・ネット婚活など、様々なサービス媒体を利用して、生涯の伴侶を見つけることが出来る時代になりました。

 

出会いのためのツールが増えて、そこに婚活中の男女が集中したことで、若い男女の成婚率がぐっと上がり、これで結婚年齢の晩婚化に歯止めがかかるのではないか?と考えた人もいるかも知れません。

 

また、長引く不況の中、女性が結婚後にも仕事を続けることを支持する男性も増加して、女性にとっては、とても恵まれた環境が用意されていると思っている方がいるかも知れません。

 

でも、何故か現実はそれほど甘いものではないようです。

 

選択肢が増えて、簡単に出会える人数が増えたからこそ、より良い相手を求めて配偶者に対して希望する諸条件が厳しくなってきているのではないかと思います。

 

かく言う私も長年婚活を続けて、やっと良い人と出会えて結婚したのが30代後半でした。

 

私が婚活をして実感したことは、「素敵だと思う男性が圧倒的に少ない」ということでした。

 

それまでも人並みに恋愛し、社会経験を積んできた中で、世の男性というものに対して自分なりの理想を描いては、現実とのギャップを埋めることが出来なくて、本当に苦しみました。

 

料理も裁縫も得意で、自分の子供に勉強を教えることだって出来る自分なら、専業主婦でも働く主婦でもどちらでも対応できる自分なら、早いうちにきっと良いお嫁さんになれると思っていました。

 

何故なかなか結婚に至らなかったのか、それは( 結婚したいと思わせる男性と出会えなかったから) でした。

 

「こんな自分だから、この歳まで一人だったのだからいまさら相手に妥協したくない」そういった感情があったのだろうと思います。

 

歳を重ねるごとに色々なスキルを身につけて成熟して、男性を見る目も肥えてきたアラフォー女性と、若くて可愛い女性を捜し求めるエリートたち・・・結果的にはこのすれ違いが原因だったのではないか?と思います。

 

あるいは、同年代の魅力あふれる男性たちは、もうとっくに誰かと結婚してしまっていたのかも知れません。

 

結局、魅力を感じる独身男性が少ないうえに、女性側は歳を重ねれば重ねるほど需要が減って行く。アラフォー女性の婚活は、需要と供給のバランスが非常に厳しい状況にあります。この現実をふまえた上で自分がどういう行動に出るか、ということを考えた上で行動しないと、なかなか成功しないのではないかと思います。