婚活

MENU

自分の性格に合った婚活が大事

今や日本人男性の生涯未婚率は2割女性が1割、男性は近い将来3割になると予測されています。

 

これだけ未婚率が高くなった原因はいろいろと指摘されています。

 

20-30年前までは周りに結婚適齢期を越えて結婚しない男女がいると、

 

会社の上司や親戚が相手を紹介して、半ば強制的に結婚させていました。

 

ところが近年このような慣習はほとんど亡くなってしまいました。

 

昔も今も恋愛に消極的な男女は一定の割合で存在します。

 

昔はそのような恋愛消極派の男女は周りの人間がサポートして結婚に導いていたわけです。

 

ところが近年は都会に出て一人住まいをしている若者が多く、また非正規労働者の割合が
高くなり、親戚や会社の上司のサポートは期待できません。

 

したがって自分で恋愛消極派であることを自覚している男女は、

 

自分の性格に合った婚活を選択するのが賢い方法です。

 

合コンや結婚相談所などは基本的に恋愛消極派の人には向きません。

 

昔と同じように周りの人が紹介してくれる人と交際をしてみるのが、地道で間違いのない方法です。

 

そのためには勇気をだして自分の周りの人に、自分は婚活中なのでいい人がいたら紹介してくれるように話しておくことが重要です。

 

また周りに恋愛消極派の男女がいたらおせっかいでも相手を紹介することも同じように重要でしょう。

 

ネット婚活を利用して相手を見つけました

私は28歳の頃に結婚したのですが、結婚相手を見つけたのはネット婚活です。
ネット婚活をするまでに色々な婚活をしてきた私ですが、ネット婚活は料金が安い、自由な時間に自宅でできる、他の人に気を使う必要がないといった点が
魅力だと感じました。

 

ネット婚活だと相手が見えずにさくらなど不安があるという人もいますが、私が利用したところは最初に身分証明書などを提出しているので、
安心感がありました。また大手のヤフーが運営している婚活サイトだったので、より安心感もありました。

 

ネット婚活は月3,000円で、メールや会うといった出会いが自由にできます。メールをするのも一人と決められているわけではなく、お付き合いすると決まる
までは同時進行で大勢の人とやり取りをすることができます。交際成立、結婚などで料金を支払う必要がないので、料金的にはお得だなと感じました。

 

ネットで好みの男性を検索してメール交換を申し込んだり、相手から申し込まれたりして、数人とメール交換をしたり会ったりしていました。
ある時旦那から、メール交換をしたいとアプローチされました。写真やプロフィールから非常に気にいったわけではありませんでしたが、嫌ではないかなと思い交換を了承しました。

 

メール交換を始め、旦那の誠実なメールに徐々に惹かれていく自分がいました。
メール開始から1ヶ月後には、実際に会ってデートをしました。
メールの印象と会った印象が同じで、信用できる人だなと感じて、この人と交際してみたいなと思いました。

 

3回目のデートで交際が決まり、お互いに結婚願望があったので、すぐに結婚の話がでました。
最初に会ってから半年後に入籍しましたが、不安はありませんでした。
この人となら大丈夫と思いましたし、ネット婚活でこのような結果になってとても嬉しかったです。

婚活記事一覧

 

★ちょうど大学3年生の秋ごろでした。そのころになると、みんな髪の毛を黒くし、真っ黒のリクルートスーツに身を包み、「就活」に励むのです。私もその一人でした。早々に就活を始め、3年生の終わり頃にはぽつぽつと内定が出ていました。自分で言うのもなんですが、正直私は周りから「デキる女」と思われていて、「卒業後はバリバリのキャリアウーマンだね!」とか、「結婚は遅そう。ていうか、一生結婚しなさそう。」とか言われ...

 
 

★私は24歳の頃から色々と婚活をしました。なかなか結果が出なかった時に、婚活サイトの存在を知りました。婚活サイトは自分の写真と身分証明書をサイト運営側に提出して登録し、月額3,000円で活動をすることができます。プロフィールを書き込んで相手からの検索の時に自分の情報が伝わりやすいようにしますが、このプロフィールをいかに丁寧に書くかということが大事です。趣味や特技などに書いたことがきっかけで、相手か...

 
 

★婚活というと、女性はまだ恥ずかしさがあると思います。彼氏いない、でも結婚したい。でも婚活してるのが周りにはばれたくない。年頃の女性ですから、心の中で様々な葛藤があると思います。でも、本当に結婚したいなら、やはり行動するべきです。ただ待っているだけでは、何も始まりません。やはり幸せは自分で掴みに行かないと。まず、なぜ結婚したいのか。専業主婦になりたいから。年齢的に子供が欲しいから。理由は色々あると...

 
 

昨今の婚活ブームのおかげで、結婚相談所・お見合いパーティー・街コン・ネット婚活など、様々なサービス媒体を利用して、生涯の伴侶を見つけることが出来る時代になりました。出会いのためのツールが増えて、そこに婚活中の男女が集中したことで、若い男女の成婚率がぐっと上がり、これで結婚年齢の晩婚化に歯止めがかかるのではないか?と考えた人もいるかも知れません。また、長引く不況の中、女性が結婚後にも仕事を続けること...

 
 

婚活、ことにお見合いパーティーは会費が高かったり、参加条件が厳しい割りにはなかなか良い相手に巡り会えないなどという話を聞きます。従来のお見合いパーティーのように、女性と男性が向かい合って「ご趣味は?お仕事は?」と質問の応酬をして、くるくると相手を代えて同じことを繰り返すというものでは、なかなか自分らしさもアピールできませんし、お相手のことも分からず、もう一歩先まで踏み込めないのではないでしょうか?...

 
 

大学を卒業してから念願の企業に就職できた事もあり、私ってなんて幸せな人間なんだろうと思ったのが自分の婚期を長引かせてしまう結果になったのです。せっかく就職出来たのだからしっかり働かなければと思い、毎日少しでも戦力になるために頑張ったのですが、当時社員数はかなり多かった事もあり、気が付けば一緒に入社した同僚は社内恋愛の果てに専業主婦の道へと路線変更してしまったのですが、そんな同僚を尻目に私は毎日仕事...

 
 

私の友達は、30代の時に婚活をして結婚しました。それまでその友達は、仕事に一生懸命な人だったので、結婚については考えてないのかと思っていたのですが、30代になり回りが結婚し始めた頃から、結婚を意識するようになったそうです。友達や会社の同僚などに、結婚をしたい事を正直に話していた所、いくつか紹介の話がきて何人かの男性を紹介されたそうです。紹介された男性とは全て会ったそうですが、中々結婚を意識できる男...

 
 

婚活とは、本来は結婚をするために結婚相手の前身である恋人を探すことです。出会いとは、本当に一期一会で貴重なもののはずなのですが、長期間「婚活」を続けていると、知らぬ間にある罠に陥ってしまうようです。それは、次から次へと出会いを求める事に慣れてしまい、どうせまた次があるしと思い込み一回一回の出会いを軽く見てしまうことです。もっと詳しく言うならば、ちょっと良いなと思う相手に出会ったとしても、職業や年収...

 
 

婚活に疲れました。婚活は本当に疲れます。私は、もともと自己評価が低いので、婚活となるとさらに気力活力が萎えます。女としては、プライドに触るというかプライド崩壊の活動だからです。きっと男性も、人によっては多少そういう感想を持っている人はいるのじゃないでしょうか?なので、婚活は連続でド派手に活動したりしません。精神的な消耗が非常に激しいからです。今までの婚活体験は、結婚相談所があります。紹介直前までい...

 
 

いつしか「婚活」という言葉ができてから、その活動方法も多様性に富むようになっていきました。昔からあるようなお見合い形式から、多人数で集まり行う大規模なイベント形式、飲食店などを利用した中規模なものや、スポーツや旅行など趣味のようなものを交えた特殊なもの、そしてインターネット上では婚活サイトという専門のサービスもあります。結婚相談所の検索システムなども、この婚活サイトと雰囲気がほぼ同じと言っていいで...

 
 

私は今の夫と結婚するまで、四年間ずっとただひたすら片想いをしてきました。夫と出会ったのは、同期に誘われた会社内の飲み会に顔を出したときのことでした。ちょうど一ヶ月前に大学時代から付き合っていた彼氏に「好きな人ができた。別れてほしい。」と、言われて、別れて落ち込んでいた私を励ますために、同期が飲み会を開いてくれたのです。飲み会が始まって「あともう一人くるから。」と、男性チームに言われ、楽しみにしてい...

 
 

一般的に、婚活はみなさん大体何歳くらいではじめるものでしょうか?私の周りをみていると、結婚自体20〜25歳くらいでする子はとても少数でした。いわゆる授かり婚の子、結婚願望がとても強い子、といった感じですね。それで結婚なんてまだまだ先だし〜、なんてのんびりしていると、26歳くらいでバタバタっと結婚する子がかなりでてきてあわてました。彼女たちは23,4くらいからつきあってた相手だったりするので、それく...