耳の奥の構造は、外側から順番に「外耳(がいじ)」「中耳」「内耳」の3か所に分類できますが、この中耳のところに様々なバイ菌やウィルスなどがうつることで発赤等の炎症がみられたり、体液が滞留する症状を中耳炎と称しているのです。
道路交通事故や屋根からの滑落など、かなり強い力が体にかかった場合は、複数箇所に骨折が発生したり、骨が外に突き出る複雑骨折となったり、重症の場合は内臓が破裂してしまうこともあります。
常在細菌のひとつであるブドウ球菌(staphylococcus…staphylo-はラテン語で「ブドウの房」の意)は紫に染色されるグラム陽性球菌であり、大別すると毒力の強力な黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus…aureusは「黄金色」の意)と毒の微弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)の2つが存在するのです。
現代の病院のオペ室には、御手洗や器械室、手術準備室を備え付け、手術中にレントゲン撮影するためのX線装置を準備しておくか、そうでなければ付近にX線用の専門室を備えるのが慣例だ。
杉花粉が飛ぶ3月前後に、まだ小さな子どもが体温は平常なのに頻繁にくしゃみしたりサラサラした鼻みずが止まないような状態だったなら、もしかしたら『スギ花粉症』の可能性が高いといえるでしょう。

肥満の状態というのはあくまで食生活の内容や運動不足などが原因ですが、一緒の量のごはんであっても、急いで食べ終わる早食いをし続けたならば体重過多に陥っている肥満(obesity)を招きます。
「体脂肪率(percent of body fat )」とは、人の身体の中の脂肪の蓄積している比重のことを言い、「体脂肪率(パーセント) = 体脂肪の量(キロ)÷体重(weight、キログラム )×100」というシンプルな計算式で分かります。
もう永久歯の表面を保護しているエナメル質を減らしてしまうほど深刻になってしまった歯周病は、万が一進行具合が安定したとしても、失ったエナメル質が元通りに復元されるようなことは無いと考えておいた方が良いでしょう。
そんなあなたには、ペニブーストが必要かもしれません。
暗い場所だと光不足によって物が見づらくなりますが、より瞳孔が開くため、眼のレンズのピントを合わせるのに余計なエネルギーが使われてしまい、明るい場所でモノを眺めるよりも疲労が大きいと言えます。
規則正しい穏やかな生活の継続、腹八分目を忘れないこと、無理のない体操等、古典的とも思える体についての意識が老化防止にも活用されるのです。

悪性腫瘍の一種である卵巣がんは、通常であれば人間の体をガンから保護する役割をする物質を創造するための鋳型みたいな遺伝子の不具合により罹患するとのことです
内臓に脂肪が多い肥満が確認され、油脂の摂りすぎなどによる「脂質過多(ししつかた)」、塩分の過剰摂取などによる「高血圧」、糖分の過剰摂取などによる「高血糖」のうち2個か3個すべてに合致する事例のことを、メタボリックシンドローム(メタボリック症候群)と呼んでいます。
緊張型頭痛というものはデスクワークなどでの肩こり、首の凝り、張りから生じる患者数が多い頭痛で、「まるで頭をギューっと締め付けられるような激しい頭痛」「重いような鈍い痛み」と言われます。
暴飲暴食、肥満、消費カロリーの低下、不規則な生活、日常生活のストレス、加齢といった様々な因子が集合すると、インスリンの分泌量が少なくなったり、機能が鈍化したりして血糖値が高くなる2型糖尿病(ICD-10:E11)を発症するといわれています。
スギ花粉症などの症状(水っぱな、鼻詰まり、クシャミ等)のために夜間しっかり睡眠を取れないと、それが誘因で睡眠不足に陥り、翌朝からの行動性にダメージを及ぼすかもしれません。