脂溶性のビタミンDは、Caが人体に吸収されるのを促進する作用で知られており、血中のCa濃度を調節して、筋繊維の活動を操ったり、骨を作り出したりします。
下腹部の疼痛の元凶となる代表的な疾患には、虫垂炎と間違われやすい大腸憩室症、腎や尿管などの尿路結石症、原因不明の潰瘍性大腸炎、緊急性の高い急性腹膜炎、子宮の疾患などが真っ先にみられます。
体脂肪の量にはさして変動がなく、体重だけが食物摂取や排尿などにより短時間で増減する際、体重が増加すると体脂肪率(percent of body fat)は低くなり、体重が減少すれば体脂肪率が上昇することがわかっています。
トコトリエノールの効果の中では酸化を遅らせる機能が一番知られていますが、更に肌を美しく保つ効果や、血清コレステロールの生産を抑制したりするというようなことが言われています。
環状紅斑というのは輪状、すなわち円い形をした赤みを帯びた発疹や薄皮が剥ける鱗屑(りんせつ)など、皮ふ病の総合的な病名ですが、その原因は本当に多種多彩なのです。

流感とも呼ばれるインフルエンザの予防するための方法や医師による処置等の必ず行う措置そのものは、それが季節性インフルエンザでも未知なる新型のインフルエンザでも変わらないのです。
「肝機能の減衰」については、血液検査項目のGOT(AST)やGPT(ALT)、γ-GTP(γ-グルタミルトランスペプチダーゼ)など3種類の数値で確認できますが、ここ数年間で肝臓の機能が悪化している人々が明らかに増加しているということが危険視されています。
高血圧(hypertension)の状態がある程度続くと、血管に強いダメージが与えられ、体中至る所のいろんな血管に障害がもたらされて、合併症を発症してしまう公算が高くなるのです。
ペニブーストは効果なし?口コミ、評価を紹介!
ライブの開催される場所やディスコなどに備えられている特大スピーカーの真横で大きな音を浴び続けて耳が遠くなってしまうことを「急性音響性聴器障害」と言っているのです。
今時の手術室には、御手洗いや専用の器械室(apparatus room )、準備室(preparation room)を併設し、オペ中に撮影するためのX線装置を付けるか、そうでなければ近辺にX線装置のための専門室を準備するのが慣例となっている。

健康を推進するWHO(世界保健機関)は、人体に有害なUV-A波の異常な浴び過ぎが皮膚の病気を引き起こす可能性が高いとして、19歳未満の男女が肌を黒くする日焼けサロンを使う行為の禁止を広く世界各国に求めています。
男性だけにある前立腺という生殖器はその生育や働きにアンドロゲン、すなわち男性ホルモンが大きく関係していますが、前立腺に出現した癌も同様に、アンドロゲンの力で成長してしまいます。
ヒトの耳の構造は、大まかに「外耳(がいじ)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3種類に分かれていますが、この中耳に黴菌やウィルスが付着し、発赤等の炎症がみられたり、体液が溜まる症状を中耳炎と言うのです。
汗疱状湿疹(汗疱)とは掌や足の裏、又は指と指の間などに小さめの水疱が現れる症状で、普通はあせもと言われており、足裏に出ると足水虫と思い込まれることが結構あります。
クモ膜下出血はほとんどが「脳動脈瘤」という脳内の血管の瘤(コブ)が破れる事でなる深刻な病気として知られています。