婚活パーティー 服装 女性 パンツ! 婚活 結婚 30代 女性 結婚相手 婚活パーティー 結婚できない女 結婚相手に求める条件は優しい愛情が欲しい!

婚活 結婚 30代 女性 結婚相手 婚活パーティー 結婚できない女


婚活パーティー は大手を利用するほうがいいのかなと思った経験

婚活パーティー
30代 女性結婚できない女
若い頃に、いわゆる出会い系の婚活サロンへ会員登録した経験があります。

 

 当時の私は早婚願望が強かったのですが、非常にオカタイお仕事をしていたこともあり、異性との出会いの機会がありませんでした。

 

社内の男性陣も、皆様すでに妻子持ちの方ばかりでしたので、社内恋愛などと言うものも、考えられませんでした。

 

 そこで、地元にもサロンがある婚活サロンへ登録してみました。

 

 いわゆる大手ではありませんでしたが、自宅からサロンが近かったこともあり、別段悩むこともなく、登録しました。

 

 私が異常に若かったことから、サロンの担当者は大変喜ばれていました。

 

「アナタみたいにお若い人なら、すぐに相手が見つかりますよ。」と言われました。

 

 ただ、登録したばかりの私には、この言葉が意味することがわかりませんでした。

 

 サロンは広くはありませんでしたが、アットホームな雰囲気で、担当者の方もとてもご親切な女性でした。

 

 ですが、サロンに登録して1ヶ月も経たないうちに、何かおかしいと感じ始めました。

 

 私への面会希望‥‥と申しますか、面会を通り越して交際を希望される方は、多かったです。

 

 私が若いことが魅力的だったのでしょう。

 

 ただ、会ってもいない方から交際を申し込まれても、素直に首を振るわけがありません。

 

 サロンに行っても、担当者は延々と私への面会希望や交際希望の方の話をされるばかりで、
 私自身がお相手を探す余裕など、ほとんどありませんでした。

 

 当然なのですが、歳が近い方はなかなか見つからず‥‥

 歳が近い方を希望していた私は、3ヶ月くらいでそのサロンを退会してしまいました。

 

 こういう出会いを求める場所は、やはり登録者数が多くて年齢層に幅がある大手さんの方がいいのかなと思います。

 

 

婚活って実際どうなの?

 

ちまたで最近よく聞くようになった「婚活」。

 

婚活にも色々方法があるっていうのは分かっていても、実際どう踏み出せばいいのかイマイチですよね。

 

プライベートが忙しくてしばらく彼氏も居らないな、と思う生活を行ってきたら、独り身が楽になってしまったんです。

 

アラサーになってどんどんまわりが結婚しだし、男友達と遊んだり、は楽しく過ごしていましたが、

 

半年くらい都合のいい女のような状態で振り回されて、すっごく疲れてしまい、結婚まではいかなくとも恋愛がしたいと凄く渇望して、婚活という言葉を意識しました。

 

婚活というよりかは恋活に近いのかもしれません。

 

そこでチャレンジしてみたのが婚活パーティー。集団でお見合いというか、アプローチカードを書いて、何十人と数分ずつ席替えを行って自己紹介していく、というかたちの婚活パーティーに出席しました。

 

最初は趣味系の婚活パーティーにいったのですが、惨敗(笑)

 

アプローチカードもフリートークのときも全然もてませんでした。

 

そのとき普通にコンサバ〜派手目なばっちりメイクをしていたのですが、奥手というかいわゆる草食系?の男性が多く、控えめな女性がすごい数のアプローチカードを貰っていました。

 

その後、いわゆる普通の大手の地元で開かれる婚活パーティーに1度だけリベンジしに行きました。

 

以前の教訓を生かして、メイクは少し控えめ、王道オフィスカジュアルスタイル。

 

そこでは前回の惨敗とは逆に、「無双」と呼ばれる半数以上の方からアプローチカードを貰い、フリータイムも椅子とりゲーム状態に(!)

 

こんなことってあるの?!とびっくりしてしまいました。

 

場所や条件によって求めている「人」が違うんだなと改めて感じた婚活パーティーでした。

 

婚活パーティーを利用して

 

20代の頃に婚活パーティーに4回程出席しました。

 

婚活パーティーを利用しようと思ったきっかけは、一度にたくさんの男性と出会う機会があると思ったからです。

 

実際に話した時の印象などで人を判断できるので、良いかなと思いました。

 

インターネットで婚活パーティーを検索すると、年収いくら以上の男性が参加している、年齢は何歳ぐらいなど条件で絞りこむ
ことができました。

 

私は年収400万円以上、20〜40歳までのパーティーに参加していました。

 

婚活パーティーに参加するのは交通費は別にかかりますが、参加料は3,000円程度です。

 

女性の方が男性よりも少し安くなっていて、お得です。

 

しかし飲み物やお菓子などが出るわけでもなく、会場代とパーティー参加料でその値段となっています。

 

会場に行き番号札をもらい、自分の椅子に座ります。

 

男女が向かい合った形で、ずらっと並んでいて、最初は全員と話していきます。

 

一人3分間で話をして、次は横の人という形で全員と話をします。プロフィールをカードに記入していて、それを交換して話をするので
きっかけはありますが、私はあまり話す方ではないですし、相手がシャイな場合には沈黙もありました。

 

その後フリータイムとなり、自分の良いなと思った人と話ができます。

 

意中の人にはすでに話をしたいと女性が集まっていることもあり、

 

また自分にも男性が話に来てくれていたりとなかなかうまくいかないものでした。

 

フリータイムの後に、交際してみたい人の番号を3つまで書いて提出します。

 

その後しばらく時間をかけて、会場側でカップリングを行い、
カップルになった人の番号が発表されていきます。

 

お互いに第3希望まで書いているので、会場の3分の1ぐらいはカップルになっていました。

 

カップルになった場合には、帰りに男性が女性を待っていて、連絡先を交換する、デートをするなどができます。

 

私も2回カップルになりました。

 

しかし実際にゆっくり接してみると、相手の嫌だなと思うところが見えてくるなど、なかなか交際に至るのは難しかったです。

 

お見合いパーティーで気をつけたいこと

まず婚活する際に、お見合いパーティーに参加をしました。

 

貴重な休日に出て行くので、どうせならと1日に4個ほどパーティーを予約しました。

 

同じ会社ではなく、別の会社が主催するペーティーにも予約を入れたので、いろんな人と会えると思ってました。

 

ところが当日、2〜3回目ほどになってくると、会う男性の顔ぶれが同じになってくるのです。

 

さっきのパーティーでも見た気がする。そんな気まずい雰囲気を感じました。

 

特に、メールアドレスをくれた方やお断りした方など、また顔を合わせてしまったと思います。

 

こちらも1日でパーティーを梯子しようと思ったように、男性も同じように思うのですね。

 

そこで注意したいのが、顔を覚えられると、後をつけられる体験をするということです。

 

パーティーではカップルになれなかったけれど、これだけ参加しているのだから、男なら誰でもいいと思うのかもしれません。

 

後をつけてきて、強引にメールアドレスを渡してきて、こちらの情報を聞きだそうとします。

 

怖いので当然教えません。もらったメルアドはあとで捨てました。

 

また、出席する女性を狙って声をかけてくる人もいます。

 

パーティーの参加費をケチって、浮かそうとするせこい人なので、絶対に個人情報は教えないようにしてください。

 

婚活はなかなか上手くいきません。

 

辛くなるときもありますが、絶対にいいこともあると思いますので、変な男の人で妥協はしないで下さいね。

 

上手くいきません。辛くなるときもありますが、絶対にいいこともあると思いますので、変な男の人で妥協はしないで下さいね。

 

 

婚活支援サイトを活用する人の増加

婚活を行うにあたり、婚活支援サイトを活用する人が急速に増加してきていると考えられています。

 

このような支援サイトでは、婚活を行う人の活動をスムーズに行うためのサポートをしっかりと行っており、実際に婚活を行っている人の多くがこのようなサイトを利用していると推測されています。

 

婚活を積極的に行う人を支援する役割も担っており、ふさわしい相手を確実に見つけるツールとして認識されているのではないかと思います。

 

 このような婚活支援サイトでは、婚活を展開する人の希望する相手の条件を基にして適合する相手を見つけ出すことが最も大きなサービスの内容として知られています。

 

また、婚活を進めるにあたって必要な情報を提供している場合も多く、このようなサイトを利用している人からは高い評価を獲得しているのではないでしょうか。

 

様々な情報が必要とされるようになりつつあるため、婚活支援を行うサイトから発信されている情報は重要なものとして考えられているのではないかと思います。

 

 今後も婚活支援サイトを利用する人は増加していくのではないかと推測されています。出来るだけ早く婚活を結実させることのできるよう、日頃から活用している人も多く見受けられているため、婚活支援サイトを利用している人同士での情報共有も活発に展開されるのではないかと考えられています。

 

そのため、新たな婚活支援サイトの利用方法が模索されることが期待されていくでしょう。

 

これから婚活を開始しようとする人にとってもこのようなサイトは必要不可欠な存在として認識されるのではないかとみられています。

 

そのため、全国規模で婚活支援サイトを活用する人が増加していくのではないでしょうか。

 

それにしても仮想通貨の人気はすごいですね

 

婚約者の資産も仮想通貨取引所ビットコインが値上がりすればICOの格付けもよくなるのかな?

 

彼の資産が増えれば不動産仲介手数料が安いマンションが駅近物件であれば新築が欲しいな